読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

無視できないアリコレ層

かつてアンジェリークのアリコレに人生の何割かを注ぎ込んでいたのですが、そんな私は公式ものはゲームと攻略本しか購入してませんでした。

(同人誌は買ってましたがね!)

 

で、最近ハマって、CD買いまくりました。

中古だと1枚100~500円程度で購入できるので、ほとんど買いました。アリオスが出ているので持っていないのはアニメのドラマCDくらいかと。

(初代のものは昔友達から借りて内容は知っています。ほとんど忘れていますが。)

 

そこで、「?」と感じたこと。

エトワールからの一連のドラマCDってどうしてあんなに説明っぽいんだろう。

以前もそういうところはあったんだけど、より強く感じる。

ドラマ自体がちょっとイマイチなのもあるし、なにより「エンジュ凄いね!」みないなのをマルセル・ランディあたりに言わせるのを何とかしてくれ。

ゲーム中の彼女のことを一言で表すと「エンジュ凄い」になるんだろけどさ。

CDの時間的制限からしてそれしか言えないんだろうけど、脚本はなんとかしてほしかった。

まぁ、それはともかく。

アリオスって、意中の人のことを言われるとはぐらかす表現になっています。

つまりはエンジュのことを問われると、「どうだったかな」と。

これが、他でもあったのだ。

”花のシャングリ・ラ”にて、ジュリアスとアリオスとの会話。

レイチェルのことを聞かれると、元気にしていると即答するのに、コレットについては「どうだったかな、最後に見たときは普通に執務をしていたようだが・・・」なんて言っています。

最後にジュリアスがよろしくと伝えてくれ、という場面でも「だから、そういうのは自分で言えよ」と。

(確かめていないので、ちょっと語彙が違うかもしれませんが、意味するところはそんな感じです。)

そこだけ見るとエンジュと同等扱いなんですな。

脚本家の好みというのもあると思いますが、やはりアリコレ層を無視できなかった?とちょっと穿って見てしまいました(笑)。

 

エトワールが発売された時点でアリエンが成立しているので、それはそれで仕方ないのですが、私はアリコレで変換して聞いています。

でも、できる、アリコレ。

さすがに19人もいるから誰とくっつけるわけでもなく、描写が細かくないからできるという、なんとも言い難いことですが。

 

話は変わって、トロワで唯一出しているCD”LOVE CALL”のドラマは不評みたいですが、私は結構好きです。

あ、定価で購入したら不満でしたよ(笑)。

確かにいつものみんなで休暇シュチュエーションだし、マルセルやティムカ、メルあたりは恋愛に絡まないし、オスカーやジュリアス、ルヴァあたりもオチ担当のようだし(個人的には好きなんですが)、好きなキャラクターによって評価が分かれそう。

アリオスはそこそこ出て、アリコレを感じるのでそれがいい。

しかし、一番いいのは、恋愛フラグを感じるキャラクターが誰を想っているかが自分で妄想できるということ!!

エトワールだと設定上エンジュ固定なんですが、これはリモージュ・ロザリア・コレット・レイチェル・そして自分でも変換可能!!

私はハーレム主義じゃないんで、この人は〇〇だな~とか勝手に妄想しています。

一番は当然アリコレですがね!!