読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

オリヴィエという「発明」

アンジェリークを貸してもらったのは、学生時代でした。

その後、他の友達もハマリ、みんなでハマリ、アンジェリーク自体もブームということもあって、本当にみんなでフィーバーでした。

 

初代はこだわりがなく、それゆえに全員のEDを見たという私にとっては珍しいゲームの一つです。

当時の私はジュリアス、クラヴィス、オスカー、ルヴァあたりがお気に入りでした。

友達のひとりに誰が好きか尋ねると「それはもちろん、オリヴィエ様!」と言われてびっくり仰天しましたっけ。

いえ、今ならわかるんですよ。

個人的には恋愛対象ではないのですが、突出して良いキャラクターだと思っています。

 

 

というのも、オリヴィエは非常にクオリティの高いキャラクターです。

マルチになんでもできるが、嫌味でもなく、完璧超人でもない。

この好バランスがすごい。

それを20年前に「発明」したルピパはやっぱりすごいと思う。

オネエ系というのはもう当時にはあったキャラでした。

しかし、オリヴィエは外見の女性らしさとは裏腹に、内面はずっと男っぽい。

男というよりも漢(おとこ)ですね。

ドラマCDだとダガーや剣の使い手で、気遣いができて、頭の回転が早くて、それなのに気さくだから重たくならない。

完璧すぎるのにそうさせないバランスが素晴らしい。

今はどうかわからないけれど、昔はゲームキャラというのが、割合わかりやすい「コード」を持つものばかりだったと思います。

複雑だけど生い立ちからくる込み入ったものでもなく、ありそうでありえない、そんなキャラがオリヴィエだと思っています。

 

 

私が長編小説でも書くなら、オリヴィエは絶対外せないけれど、必ず脇役にする。

彼ならシリアスでもギャグでも使えるし、ロマンスで甘い雰囲気もOKだし、厳しいピンチも切り抜けられる。

主人公よりも脇で輝くキャラクターだと思います。