読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

あなたはどのアリオスが好き?

トロワ発売時、アリオスの性格が変わったとして、受け付けられないみたいな人が少なからずいたと思う。

私は悲恋だった前作より、コレットをやっと愛し合えることに萌えを感じていたから、そこまで思わなかったけれど、孤独の中にいる彼に対して萌えていたなら、そう思っても仕方ないかも。

けれど、天レク時にアリオスとレヴィアスを書き分けられていたのは、あれは一種のパフォーマンスだと思っています。

髪の色や、口調、声質を変化させることで、劇的変化を演出していたんだと思います。

 

私自身は天レク、トロワ、エトワール、どのアリオスというか、アリコレも大好きです。

天レクは破滅がそこまで迫っている、終焉がわかっていながらもお互いに惹かれるという危うい関係がいい。

エリスの器だからと言い訳をして、その破滅を少し先延ばしにしている。

けれど、結果として不器用にもその手を取らずに、信念に準じたのがアリオスEDだと思っています。

トロワは、その天レクの彼を引きずりつつも、聖なる少女であるコレットの隣りにいてもいいのか逡巡している様に萌を感じる。

生まれ変わったから、好きになる、ではない。

転生してもその罪から逃れることはできず、自分のしてきたことについては後悔はないものの、その重たいものを背負った自分が彼女の隣りにいてもいいのか悩んだ末に、やっとコレットの手を取ることができたのがEDではないのか。

エトワールについては、その後のふたりの結果だと思っています。

女王復活前に、誰にも強制されたわけじゃなにのに、人知れず(ここが重要)聖獣の宇宙に貢献しているアリオス。

この宇宙が発展していく様を見ているのが楽しみにしている彼は、きっとコレットが喜ぶからだと思っているに違いない。

女王復活後に、本当の意味で恋人同士になったと思っています。

 

でね、エトワールなんですが、アリエン以外はアリオスのコスチュームも含めて好きです。

アリコレの関係性も大好きだ。

だって、頼まれたわけじゃないのに、好きな女のそばにいる男って萌だ(笑)。

しかも、あのアリオスが!!

エトワールの作り手としては、エリスで愛を知って、それを失って絶望し、クーデターに失敗して、コレットと出逢って、癒されて、エンジュを知って恋愛できるようになるってことなんでしょうが、私には無理です。

そんな単に女に癒されるようなら、エリスの死後、その怨念でクーデターを成し遂げるものにしないと思う。

単純にコレットに心を癒されたというようなものなら、彼はこの宇宙で尽力しているのがわからない。

罪滅ぼしとか贖罪のためにやるような男じゃないから。

(クーデターや侵略については絶対に後悔していない。後悔するくらいならやらない、後悔したくないから行動すると再三本人が言っている。)

それは、(ほとんどなにも持ち合わせていなかったエリスよりも重たい)故郷や仲間を投げ打ってでもあなたを選ぶという選択が、その後の彼の身の振り方を決めたと思っているから、天レク~トロワ、エトワールに至るまで、私の中ではアリコレしかないのです。