読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

文字のエロス

酒井順子さんのエッセイに「人は絵(ビジュアル)で興奮するか、文字で興奮するか」というようなことが書いてあって、私は完全に後者です。

もちろん、絵や漫画も好きですよ。

でも、一番萌えるのは、文字。

大槻ケンヂさんのエッセイで「子供向け江戸川乱歩の本が昔あった。これはゲーム以上にやばい」というようなことも書いてあったのを思い出しますね。

確かに、自分の中で構築されたものって、案外心に残るし、自己変革装置があるから、都合よく改竄できる点でも、一番やばいものなんだろうな。

 

アンジェリークの同人誌を買い直してるっているのは、ここに散々書いているんですが、ある本を小説だと思って購入したら、漫画で吃驚しました。

いえ、その方は小説も漫画もかけるという人だったようで、本当に驚いた。

大抵、どちらかだから。

話はしっかりしていたので、それはそれでよかったのですが、やっぱり今でも手に入る同人誌は漫画なんだよね。

元から小説というのがマイナーで、なかなか売れないし、出回っていない。

私も昔は漫画派でしたが、ゆっくり読むのは文章の方が好きなんです。

個人的にはコレカプはすべて好きなので、ネットで見られるものは見ています。

が、紙ベースのものでゆっくり読みたい。

ああ、そんな贅沢はもうないんだろうなぁ。

 

べつにR-18指定でない、単なる小説でも、肩がふれあったとか、手をつなぐような描写でドキドキしてしまう。

いい大人なので、そういう丁寧な描写ほど萌え。

アンジェリークでそういう同人誌にまた出会いたい。

誰か、私にアリコレの萌えをくだされ~~~。