読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

比較的丁寧な恋愛過程

コレットのカップリングならなんでも好きなんですが、リモージュのカップリングも大好きです。

ただ、SP2以降の世界で、女王という偉大な女性に恋する男がいないだろうと思って、やっぱり神鳥守護聖×リモージュになってしまいますが。

ランリモ、ゼフェリモは特に好き。

同世代の恋愛ってとてもかわいい。

 

で、思ったのが、クラヴィスとの恋愛。

アリオスと比べると、「?」と思うことがあったので。

ちょっと横道にそれて。

アリオスの怖いくらいのエリスへの執着は、今では中二病みたいに思われるけれど、でも家族でも恋人でも最愛の人が非業の死を遂げて、あと少しで生き返るというなら、ひたすら邁進するあの気持ちは、今になってよくわかる。

あれは、生き返ることが前提なら、当然の結果なんだろう。

 

そんな中、アリオスは天レクの最終決戦前に「エリスの器になるだけだ」とコレットのことを考えているのだけど、その心中はとても乱れている。それを見て見ぬ振りをして戦い、彼女への想いを認めた直後に死んだのがアリオスED。

コレットとエリスは決定的に似ていない、そしてその部分に惹かれていると告白したのが、トロワでのアリオスEDだと思っています。

だから、エリスと決別してコレットを愛する過程が(十分でないにしても)ゲーム上きちんと描かれている。

 

そこで、クラヴィス。

前女王との恋愛は女王と守護聖の恋愛不成立という不条理のもとに、実ることはなかった、という前提になっている。

ゲームをしている私たちには不文律のことも、ゲーム上のヒロインであるリモージュコレット(たぶん、エンジュも)よくわかっていない。

リモージュについては、”金の髪””スモルニィ””元気””木登り”という前女王と同条件の中にて彼女に惹かれるということなんだけど、そこがいまいち描かれていない。

もちろん、これを描いてしまうと、他キャラとのバランスが悪くなってしまう、というのもあったのだろうが。

アリオスの場合は特殊キャラということで設定できたことも、できなかったと考えます。

 

そもそも、あの頃は恋愛過程を丁寧に描くというよりは、好きそうなキャラクターを登場させることが一番の目的だったように思える。

そういう風潮であったと思うし、みなそれを望んでいた。

けれど、やっぱり恋愛シュミレーションという名前なのだから、ある程度丁寧に仕上げないと、萌えないのも事実で、その辺の匙加減は結構難しい。

しかも、ネオロマ平等主義だから、ひとりのキャラクターに肩入れできない。

でもね、クラヴィスの失恋がしっかり描けていれば、もっと違った恋愛になったと思うわけです。

SP2~トロワのコレットとのやりとりは、ほとんど厭世的な男との会話だもん。

どうして恋に発展したかが重要であって、その辺曖昧だと、ただ男のキャラクターのイメージとの恋愛になってしまう。

ものすごく上手な二次創作を書かれる方は、その過程がとても丁寧で、当然肩入れしているからだと思います。

なんでもあなたの心の中で、ではなくて、8割くらいは仕上げてほしい。

私たちは、残りの2割で妄想しますから(笑)。