読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

失恋の台詞

トロワのメッセージコレクションを見ていたら、ある程度十把一絡げなのは仕方ないとしても、ほとんど一緒なんだなぁと思ったことが。

それは、コレットを振ったときの台詞。

特にあと少し親密度が足りないバージョン。

君のことは好きだと言いながらも、

守護聖は君に立派な女王であってほしい。

教官・協力者は時間の流れが違う。

セイランなんて現実世界に未練なさそうなのに、やっぱり下界がいいのかと言いたくなるんですが(笑)。

確かにそうなんだけど、いくつも振るパターンの台詞を設けるくらいなら、各キャラの台詞にしてほしかった。

 

けれど、違う振り方をしているキャラもいる。

それは、クラヴィスとルヴァ。

ラヴィスがお前は眩しい存在で、闇の自分には届かない、というのは想定内だったのですが、ルヴァの「あなたのことは好きですが、私の好きとあなたの好きは違う」みたいな台詞を言ってくれる。

そうだよね!

結局のところ、みんなそうなんだろうって思う。

そこまで好きじゃないんで、と本音は言えないか(笑)。

まぁ、女王であってほしいとジュリアスやオスカーあたりにに言われるとそうかな、って納得するけれど、ゼフェルやオリヴィエだとそれはちょっと…と言葉が濁るから。

 

アリオスのことは散々書いたけど、これもクラヴィスからの派生パターンで、お前が眩しすぎる。それでも、こんな俺でも本当に愛した瞬間はあったんだ、みないな台詞。

通常のEDも想いが激しく伝わってくるけれど、失恋の言葉も重いんだよ。

むしろ、そんなに好きなら手を取れよ!とツッコミを入れたい(笑)。