読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

あの頃

以前ネットでアンジェリークには腐女子が多すぎて信じられない、みたいなことがあった。

今どきの乙女ゲージャンルはNLが普通に存在する。

(今どきのことを知らないので違うかもしれないけれど。)

が、私くらいの年齢ならアンジェリークにBLが多いのはわかるのでは?と思った。

というのも、同人というのはそういう世界だったからだ。

 

私は星矢くらいから同人に足を入れて、その後すぐに卒業して、再び足を入れるまで数年経過している。

なので以下書くことは、かなり個人的な感覚になります。

かつての同人界(女性向け)は、どのジャンルでも男同士の絡みが前提だった。

もちろん、こういうのに抵抗がある人はどこでも一定数いて、昔でいうところの『やおいは苦手だから健全』というものもそれなりにあった。

けれど、健全=ノーマルカプではない。

健全はオールキャラ(シリアスやギャクなどいろいろ)であって、男女のカップリングではなかった。

看板掲げているわけではないが、同人というものが『男女の恋愛が見たければ少女漫画を見ろ』って感じだったと思う。

というよりも、商業誌でBLってものがなかった時代だからこそ、男同士の恋愛は同人誌しかなかったのだ。

 

だから、アンジェリークも初期はBLやオールキャラが多かったように思う。

このオールキャラはシリアスだったり、ギャグだったり、内容としては、守護聖たちや女王候補たちの話でカップリングではない。

その後にリモージュのカップリングが、更に後にロザリアのカップリングが誕生したのでは?

もちろん、当初からリモージュ(ロザリア)カプで活動している人もいらしたと思うけれど、それは少数だったはず。

そういう時代だったんだ。

 

そんな同人世界で衝撃的だった出来事は、尾崎南のデビューだった。

この人は大手商業誌でやおいを描いた。

それ以前に高河ゆんのように商業誌デビューしてやおいを描いている人もいたのだけど、それはマイナー誌でした。

そのあたりからBLがジャンルとして確立され、一般誌でも男同士の恋愛ものが見られるようになり、その波及からか、同人でもノーマルカプが出てきたのではないか?と思っている。

 

以前にも書いたけれど、C翼で原作でノーマルカプがあって、それを推す人は邪道と言われていた時代。

星矢でもシャイナさんって星矢好きだよね。魔鈴さんとアイオリアはお似合いだよね、って話があってもこのカップリングはなかった。

あったかもしれないが、ごくごく少数派だった。

 

私自身はアンジェリークでノーマルカプがあってすごくうれしかった記憶がある。

だから、当初リモージュ受けとかたくさん買ったっけ。

その後、ヴィクコレになり、アリコレで最高潮になった。

基本的にはNLな私だけど、そんな風潮の中育ったこともあってBLにもそれほど抵抗ないです。

(積極的に読んだりすることはないけれど、嫌悪感もない。)

そんなことを考えると、時代を感じてしまうなぁ。