読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

地雷の見分け方

高校生のときに三国志にハマって、ひとつの本を購入して、その参考文献で買えるものをピックアップし、これを『参考文献狩り』と称していた(笑)。

で、ひとつ難しそうな本があって、本当は読みたかったけれど、その本の価格がいくらするのか不明で、結局は買えなかった。

インターネットなんて便利なものがなかった時代の話。

しかし、ふとしたきっかけで買った本が、昔欲しかった本だった。

それは高島俊男さんの著書で、あのとき出会っていたら、きっと違っていたと思えるほど、それくらい影響を受けました。

その高島さんが書評の読み方で「XX新聞金返せ!」と幾度もなった経験から、自分に合った書評家のおすすめする本にハズレがない、とあった。

その書評家が優れた書き手であるか、自分の感性にあっているか。

無論、予想と違うこともあるが、他の書評に比べて遙かにハズレが少ないそうだ。

 

うん、それよくわかる。

私もそれで地雷を見分けているところがある。

ちなみに、私の場合は書籍もそうだけど、ゲームもある。

ゲームの場合、作業でもノベルでもどっちでもよいのだが、最も重視しているのはシナリオ。

イラストが好みでなくても、声のイメージが違おうが、それは我慢できる(脳内補正するから)。

逆に、このシナリオが合わないと絶望的になので、そこを避ける。

で、アンジェリークシリーズで未プレイなのは、スイートアンジェと、エトワールと、魔恋と、ルトゥール。

スイートアンジェについては、本体がないのと、お目当てのキャラがいないから。

エトワールは、アリコレ好きな人が悉く”地雷”、特別アリオスが好きではない人でも彼の存在の”違和感”、エトワ新参者好きな人でも”エトワールよりトロワをすすめる”というような発言のため、未プレイです。

ここまでくると自分の地雷だとわかる。

アリオスの恋愛段階の台詞も地雷なものが多々あって、コレットに会いたい気持ちはあるものの、未だに手を付ける気はないです。

魔恋はどうもテレサが地雷っぽいんだよね。

私は私設騎士団のメンツが過去誰と恋愛関係になったとしても、それはあくまで過去だから特になんとも思わないんだけれど、ヒロインが地雷だと食指が動かない。

もちろん、テレサかわいいよね!という人もいるし、レヴィアスルートをやってみたいという気持ちはあるんだ。

でも、天レク好きな人は地雷っぽいとなると、やっぱり避けた方が無難かな。

あと、睡眠導入剤入りゲームと称されているからね。つらそう。

ルトゥールに関しては、絵師変更とお目当てのキャラがいないこと。

絵師は慣れるとあったから、やってみたらいいのかもしれないけれど、やっぱりコレットで動かしたいんだ。

リモージュもロザリアも好きで、それこそスーファミ時代からのお付き合いなんだけど、既に私の中でコレット中心の世界観が築かれてしまって、リモロザは女王&補佐官という位置づけになっている。

だから、評価も高いし、盛り上がっているのに、未だに手を付けていなのです。