読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

『いいひと』にならなくて良かった

実は『いいひと』でした、というのが嫌です。

だから、トロワで復活したアリオスがいいひとにならなくて良かったな、と思った。

でも、そうと考えたのは、割と最近。

昔はおそらくどっちでも良かったと思う。

けれど、やっぱり『いいひと』なアリオスなんてアリオスじゃない。

 

クーデターを起こした原因は完全なる私怨なのだが、争ったのは権力。

そこに民の希望とか願望なんてなかった。

玉座を臨んだ、ただそれだけ。

神鳥への侵略もその足掛かりだっただけ。

だからこそ、戦いに敗れた彼はその責任を取って自害した。

これが本当に責任を取ったということでなくても、レヴィアス(アリオス)の生き方による幕引きだった。

それを周囲からどうこう言われたくない。

だから、戦うことになったけれどコレットにすら謝らない。

当然、これはアリオスの論理であり、特に神鳥側としたら「は?」みたいなことなんだけど、互いが理解できるのが理想であるけれど、実際はそうじゃない。

 

けど、それでいいんだと思う。

もし、この侵略に対して謝罪したらアリオスじゃないし、そもそも謝るくらいなら物事を起こさない男だ。

そういうひとなので、彼は周囲から一歩引いている(自分がしでかしたことの重さを知っているから馴れ合わない)というのも、合点がいく。

 

だから『いいひと』でした、でまとめると落ち着くのかもしれないけれど、キャラクターアイデンティティが崩れるから、嫌なんです。

嫌われても、理解されなくてもいい。

我は我が道を行く。

それでいいと思う。