読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

脳内自己設定

アンジェリークの世界では根本的なことが謎のままだったりするので、自己設定を一部設けております。

今後、TV設定で長編を書けたらという一縷の希みがあるので、忘れないがためにメモ代わりに。

 

1)サクリアとは。

サクリアとは九つのサクリアと、女王のサクリアを含めた全部で十種類。

サクリアを増減などの操作ができるのは己の司るサクリアだけだが、感知することについては女王・守護聖どちらもすべてできる。

女王のサクリアとは、どのサクリアにも対応できるのだが、いってみれば無色透明であるがゆえに直接的な効果は薄い。

各サクリアが1必要なら女王のサクリアは3倍必要であるので、すべてを女王のサクリアで賄うのは大変効率が悪い。だから、女王をいただく成熟した宇宙には守護聖が存在するのだ。

尚、女王については守護聖のサクリアの操作は可能だが、遠隔操作のような手間のかかることなので、通常は各自のサクリアは守護聖が操作し、それでも微量のコントロールが必要な場合に限り、女王が操作することもある。

 

2)女王と守護聖の違いについて。

女王は守護聖の司るサクリアも操作できる他に、最も大きな違いは時流の操作が可能であること。これは、聖地と下界の時間の差や時空移動などの大掛かりなものまで含む。

また、宇宙の意思との連携になるが、女王は創世の時代からの各代の女王の記憶を引き継いでいる。

歴史としてあるわけではく、女王の思い出としての記憶なので、〇〇年✖✖のような編年体であるわけではなく、〇〇代女王の記憶として覚えている。

 

3)女王と女王補佐官について。

女王補佐官とは女王のサクリアを持つことが資格であるが、女王が在位している間はその力を封印(ないしは放棄)している状態となる。

万が一、女王の崩御によるサクリアの消滅時に、サクリアが目覚める場合がある。

ただし、女王補佐官は常時ある位ではないので、補佐官不在時は女王のサクリアを潜在的に持つ少女が女王として目覚める。

 

4)エトワール(聖天使)について。

エトワールは自身にはサクリアを有さないものの、九つのサクリアを操作することのできる少女のこと。

(女王のサクリアは操作できない。できるなら、それは女王と同一になってしまうから。)

サクリアはジェムの状態になっているが、通常の人間ではその力に翻弄されてしまうので、特殊な人間でなくては扱うことはできない。

尚、任期は女王一代につきエトワール(聖天使)一代きり。

女王の退位時にエトワールも強制的に退任となる。

これは、女王はサクリアの制限があるので永遠に続けることは不可能だが、サクリアの縛りがないエトワール(聖天使)については永続的にその地位に留まることが可能になり、女王よりも大きな権力を持つ可能性が否定できないためである。

また、エトワール(聖天使)はあくまで臨時職であるので、創世期の激動を乗り越えるために存在するものであって、永続的には必要ないからというのもある。

 

5)サクリアが女王・守護聖に及ぼす影響について。

人間は等しくどれかのサクリアはごく微量ながら体内に存在している。ただし、限りなくゼロに近い数値なので感知できない。

女王候補・守護聖候補については、まだ目覚めていない段階で通常の人間とは桁違いにサクリアを有しているが、聖地にいる女王・守護聖のサクリアが減少したときに、候補者たちはそのサクリアに目覚めることになる。

また、サクリアの力は大きく、それは各人の身体にも少なからず影響している。

よくいわれているのは、守護聖は司る力にふさわしい性格の人間である。

しかし、最も肉体的なことでいえば、サクリアが通常の人間のレヴェルになるまでは(つまり候補生~女王・守護聖退位)生殖能力はない。

生殖能力がないというが、性交は可能。だが、妊娠する(させる)ことができないので、不妊状態である。

サクリアは強い力のため生殖する力を抑えてしまうため。

守護聖の場合は精子が強い力を持ち、卵子を破壊してしまうので妊娠することはなく、女王の場合は仮に受精してもその受精卵を着床させることができないので、妊娠できない。

つまり、女王・守護聖を退位するまでは自分の子を残すことはできない。

 

6)魔導について。

魔導とはアリオスの故郷が独自に生み出した力であるが、神鳥にかつて存在した魔法とほぼ同意義である。

(神鳥では強すぎる力として女王が封印し、256代目女王が一時期解放したことがあるが、それもまた封印された。)

魔導の力は劣性遺伝子として伝えられているため、通常は民間人などから輩出されることはない。

当然、魔導士は魔導士の家系からほぼ出ているのだが、むろん、例外はあり、ルノーがそれである。

レヴィアスもまた例外のひとり。

彼は皇族であるが、強すぎる魔導の力を有している。翡翠の左目がなによりの証拠である。

レヴィアスは転生し、アリオスとして聖獣の宇宙に転生したので、本来なら聖獣の宇宙の民として魔導の力と記憶は消失するはずであった。

しかし、ラ・ガが無理矢理成長させてしまったので、本来ならゆっくり消滅してしまう魔導と記憶を有して誕生してしまった。

けれど、魔導が劣性遺伝子であることは変わりなく、その遺伝子を持っている者は聖獣の宇宙では皆無なので、アリオス一代限りの力である。