アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

萌えとは

今更ながらアンジェリークルトゥールの三万円BOXの特典にあったROMANTIC CDを購入し、ぼちぼち聞いています。

腰つけてしっかり聞くタイプでないので、聞き逃しがあると思うのだけど、いくつか聞いた中でブライアンだけ異色だな、というのが素直な感想。

全キャラ「女王候補の時間」と「女王の時間」の二部構成の中に「新女王即位~女王となるあなたへ~」の台詞があるのだが、ブライアンのみそこが~女王にならなかったあなたへ~となっている。

つまり女王の時間も”ロザリアが即位したその後”に他ならない。

未だ全部聞き終わってないので推測にすぎないが、他キャラは使命に生きたアンジェリークと想いは同じものの恋仲になることはなかったことを物語っているのに、ブライアンだけがふたり恋人設定になっている。

しかも、聖地の仕事を勝手に請け負っているような様子なので彼らとの接点も切れていない。

孤独に生きたブライアンは、アンジェリークと出逢ったことで、幸福も愛情も仕事もすべて手に入れる万々歳のEDだ。

 

けれど、これが不思議なことに萌えない。

私は初代SFC版に思い入れがあって、未だにルトゥールができないので、ブライアンのこともネタバレ設定程度しかわからないけれど、ブライアン萌えでもこれを公式でやってほしくないと思ったと思う。

私は生粋のアリコレ信者だけど、仮に天レクでアリオスが改心してコレットと結ばれたとなれば、当時はそれなりに喜んだかもしれないけれど、これほど深くハマらなかったはずだ。

やはりあれは天レクでの別離があって、トロワの邂逅があったからこそ、エトワでふたりが結ばれてると思うわけで、簡単に結ばれてしまったらあまり萌えないんだ。

アンジェリークの元からあるコンセプトが「恋か使命か」だから、どちらも手に入ってしまうと、先人たちの想いはどうなるの?という気持ちになってしまう。

大雑把な区切りならエンジュもそうなんだよね。

聖天使になってもゲーム上は恋愛EDにならないけれど、女王のように恋愛NGじゃないから聖地に残ってエンジョイライフみたいな。

ネオアンの女王即位&男GETも萌えなかった。

理屈じゃないんだけど、どちらかを手に入れるという状況下にあってこそ、このひとを選ぶ意義が出てくるので、そこが萌えのポイントなんだなって。

 

ブライアンがここで幸せになりました、ということは、この時点でルトゥールの続編はないですよ、ってことなんだと改めて思った。

エトワ発売当時ならSP2でもブライアン攻略可能だったとは思うけど、エトワでアリオスを出したのは「今までのキャラクターは例外なく出す」という大義名分のもと、「目当ての男を出せば文句ないだろう」という下心があったに違いない。

しかし、ユーザーからの拒否感と時代の流れで「攻略キャラクターは同じヒロインでなくてはならない」という考えになり、別メーカーから発売した魔恋についてはレヴィアス攻略不可になったのだと思ってる。

ブライアンはこのCDを聞いていると、続編のことを念頭に置かずに作ったキャラクターで話が完全に閉じていると感じた。

だから、派生するポイントがないから(これを妄想の余地ともいう)余計に萌えないのかもしれない。