読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

トロワの粋な計らい

トロワにて個人的に一番感動したのは、EDではなく、アリオスの記憶を思い出すきっかけだったのが、雪を見てってところだった。

天レクにて雪のイベントは攻略対象16人全員ある短いもの。

でも、これが結構どれもよかった。

故郷を思い出すオリヴィエやオスカー、逆に故郷では雪なんてなかったというゼフェルやルヴァ。手違いでひとりだけ派遣された星で雪を見て孤独を感じたヴィクトール。

その中でアリオスは雪はコレットと同じく無垢で自分には眩しいという告白。

甘々ではないけれど、それだけにグッとくるイベントだった。

 

その雪を見て、記憶を取り戻すきっかけになるなんて!

(他のキャラクターの恋愛イベントに相当する)無人島のイベントでなくて、そこ!?って思うけれど、それが良かったよ。

これを選んだ人、ナイス!ジョブ!!である。

 

次点で、オーロラを見られたこと。

波間に漂う過去で、オーロラを見たいなら俺を誘えって言うところがあるんだけれど、結局天レクではそれを果たすことができなくて、同人誌や二次創作で一緒に見たという創作を幾度も目撃しました。

それだけ、みんなの心にも残ったイベントなんだろ思う。

私もふたりにオーロラ見せてあげたかったし。

トロワのアリオスが隠しキャラだったので、夜想祭のイベントがなくて残念なんだけど、でも通常イベントでオーロラが見られて本当に良かった。

天レクでの心残りがここで解決できた!と思ったもの。

 

もちろん、EDも良かったです。

きとんと彼の口から「エリスに似ているから好きになったわけじゃない」ことが語られたから。

やっぱりコレットとしたら不安に思うのは仕方ない。

自分を殺そうとした理由が最愛の人を生き返らせるためって、かなり傷つくことだと思う。

けれど、似ている部分は多いけれど、決定的に似てない部分に惚れたってことでしょう。

一緒にいる間、ずっとお前が憎かった。

お前の強さと、すべてを許すその優しさが憎くて、憎くて…。

憧れていたんだ、ずっと。

愛おしかった。狂おしいほどに愛おしかった。

って、自分にはない彼女の強さに嫉妬して。

自分以外の男にやさしくすることに対しても嫉妬を感じて。

でも、そんなやさしさに憧れ、惹かれ。

相反する感情に揺さぶらえていたことが、よくわかる。

エトワールでの告白に比べて、やっぱりこちらの方が深みがある。

やっぱりアリオスの持ち味がこの激しさにあると思うから、これ以上の告白はないんだろうなと思う。

 

他キャラクターがSP2や天レクをすっ飛ばしてトロワって感じだったので、あの天レクでの埋め合わせができたという意味で、トロワは最高な出来上がりだったと個人的にはとても満足だった。