読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

これからどうなる

ゲームレビューが好きです。

私はなにについても無抵抗に好きになることはない。

賛否を鑑みて「それでもこれは自分が好きだ」という選択をしていたいという矜持がある。

ゲームレビューというのが批評を兼ねているので良いとこ、悪いとこというのが割と明確に書いてあるから好き。

分母の数が多いほど、そこが明確になっていく。

自分で作ったものに対してだって完璧であることはまずないのだから、他人が作ったものが自分好みであるはずがない。

けれど、なにかひっかかるところがあっても「それでも好き」な作品ってちゃんと存在する。

 

で、先日ふと「遙か3ultimateってどんな感じかな?」と思った。

TLで流れてくる「A√に行きたかったのにB√に入ってしまった」とか「まだ平泉まで遠い」とか、懐かしい文字を見て「私も好きだったな~」なんて思って。

Vitaを持っていないので購入はしていないのですが、ゲームレビューは好きなのでAmazonを見てみたわけですよ。

そしてら、意外というか存外というか、かなり驚いた!

全部見たわけではないので、簡単な感想は「シナリオ〇システム✖」だった。

システム関係はもたついているというのは、ちょっと小耳には挟んでいたんだけど、レビューではこれが多かった。

それと、おすすめ度が低かった。

賛否両論にありがちな★5と★1の争いではなくて、★3が多い。

そこにものすごく驚いた。

 

正直いえば、遙かシリーズはナンバリングごとにファンがいるけれど、「遙か3」は思い入れ強い人が多いはず。

ここから入った人も多いし、システムが変わって「他ナンバーがベストだけど3は外せない」って人が多いと思う。私もそうだし。

だから、リメイクで比較されがちなルトゥールより少なくとも2倍、多ければ3倍くらい売れたのかな?とか予想していたのです。

しかし、本数も思ったほど売れてなくてここにも驚いた。

(ただし、3万円BOXは売れたはずだから、本数=売上ではないとは思うが。)

 

システム関連は地道な作業だが、実際ゲームをしていると気になることが多い。

ここは二次創作と違うところ。

以前ネットで「某社は移植するだけでもシステムを改善してきたりするけれど、ルビパは以前にやり残した宿題を仕上げてくるだけ」というのを見て、心底納得した。

グラフィックとかわかりやすいところに目が行くけれど、実際コントローラー握って感じるのはシステムが快適かどうかということなのだ。

それでも、「フルボイスでよかった。ここの台詞を聞きたかった」というような感想も目にしているから、素直にそうだろうな~とも思うし。

システムが面倒であっても「私はこれが好きだ」という気持ちであればまったく問題はない。

ないのだけど、どうしても「手抜き感」を感じてしまう。

リメイク発表から実際の発売までかなり短い期間であったように思う。

ルトゥールのような一から作るフルリメイクでないから、大方出来上がっていただろうしね。

しかし、あくまで三月決算期のための発売であり、システムに手を出せずにいたように思えてならない。

それなら勿体ない。

既に15年くらい前のソフトだからご新規さんを巻き込むのを断念したとしか思えない。

これはおそらくルトゥールで新規の見込み薄だと悟ったせいでもあると思うのだが。

それにしたって、システムの改善に着手しなかったのは「ユーザーを舐めている」と思われても仕方ない。

遙か3が動くとあって大喜びであった人もいたし、システム云々どうでもいいよ、シナリオさえ変えてなければという人もいるだろう。

でも、やっぱり発売当時と違って色んなゲームが溢れている中で、改善の余地あるものを出すのはプロではないよな、と思う。素人じゃないんだから。

 

そう思うと、ルトゥールのリメイクって会社が思っていた以上に成功だったんじゃないの。

ルビパがどこを成功と設定しているのかは知らないが、遙か3におけるイベント等の展開を見れば、アンジェリークは明らかに望み薄という感じだった。

だけど、ルトゥールのゲームレビューはかなりの高評価。

むろん、10年以上放置されていたものだから、どんなものでも受け入れる期待値の低さもあったと思う。

あれだけ由羅信者がいながらそれを切っても高評価のアンジェと、シナリオそのままのイベント増加で期待されたれながらそこまでいかなかった遙か3。

分母の数が違うとしても(売上本数見たらそこまでじゃなかったが)、どうなんだろう。

ちょっと考えさせられました。

 

それと、今後はどうなるのか?

遙か3ultimateの前評判が高くて、私は「人気作のリメイクが続く」と予想していたのだが、このままではこの路線は難しいのか?

それでもアンジェが再評価されることはないとは思うから、残念ながらこのままやすらかに路線であるとは思うけど。

(正直、動いてくれたらうれしいのだが、下手にいじられて美しい思い出を穢されるのならそのままでという気持ちもあるから複雑なんだ。)

脳内自己設定

アンジェリークの世界では根本的なことが謎のままだったりするので、自己設定を一部設けております。

今後、TV設定で長編を書けたらという一縷の希みがあるので、忘れないがためにメモ代わりに。

 

1)サクリアとは。

サクリアとは九つのサクリアと、女王のサクリアを含めた全部で十種類。

サクリアを増減などの操作ができるのは己の司るサクリアだけだが、感知することについては女王・守護聖どちらもすべてできる。

女王のサクリアとは、どのサクリアにも対応できるのだが、いってみれば無色透明であるがゆえに直接的な効果は薄い。

各サクリアが1必要なら女王のサクリアは3倍必要であるので、すべてを女王のサクリアで賄うのは大変効率が悪い。だから、女王をいただく成熟した宇宙には守護聖が存在するのだ。

尚、女王については守護聖のサクリアの操作は可能だが、遠隔操作のような手間のかかることなので、通常は各自のサクリアは守護聖が操作し、それでも微量のコントロールが必要な場合に限り、女王が操作することもある。

 

2)女王と守護聖の違いについて。

女王は守護聖の司るサクリアも操作できる他に、最も大きな違いは時流の操作が可能であること。これは、聖地と下界の時間の差や時空移動などの大掛かりなものまで含む。

また、宇宙の意思との連携になるが、女王は創世の時代からの各代の女王の記憶を引き継いでいる。

歴史としてあるわけではく、女王の思い出としての記憶なので、〇〇年✖✖のような編年体であるわけではなく、〇〇代女王の記憶として覚えている。

 

3)女王と女王補佐官について。

女王補佐官とは女王のサクリアを持つことが資格であるが、女王が在位している間はその力を封印(ないしは放棄)している状態となる。

万が一、女王の崩御によるサクリアの消滅時に、サクリアが目覚める場合がある。

ただし、女王補佐官は常時ある位ではないので、補佐官不在時は女王のサクリアを潜在的に持つ少女が女王として目覚める。

 

4)エトワール(聖天使)について。

エトワールは自身にはサクリアを有さないものの、九つのサクリアを操作することのできる少女のこと。

(女王のサクリアは操作できない。できるなら、それは女王と同一になってしまうから。)

サクリアはジェムの状態になっているが、通常の人間ではその力に翻弄されてしまうので、特殊な人間でなくては扱うことはできない。

尚、任期は女王一代につきエトワール(聖天使)一代きり。

女王の退位時にエトワールも強制的に退任となる。

これは、女王はサクリアの制限があるので永遠に続けることは不可能だが、サクリアの縛りがないエトワール(聖天使)については永続的にその地位に留まることが可能になり、女王よりも大きな権力を持つ可能性が否定できないためである。

また、エトワール(聖天使)はあくまで臨時職であるので、創世期の激動を乗り越えるために存在するものであって、永続的には必要ないからというのもある。

 

5)サクリアが女王・守護聖に及ぼす影響について。

人間は等しくどれかのサクリアはごく微量ながら体内に存在している。ただし、限りなくゼロに近い数値なので感知できない。

女王候補・守護聖候補については、まだ目覚めていない段階で通常の人間とは桁違いにサクリアを有しているが、聖地にいる女王・守護聖のサクリアが減少したときに、候補者たちはそのサクリアに目覚めることになる。

また、サクリアの力は大きく、それは各人の身体にも少なからず影響している。

よくいわれているのは、守護聖は司る力にふさわしい性格の人間である。

しかし、最も肉体的なことでいえば、サクリアが通常の人間のレヴェルになるまでは(つまり候補生~女王・守護聖退位)生殖能力はない。

生殖能力がないというが、性交は可能。だが、妊娠する(させる)ことができないので、不妊状態である。

サクリアは強い力のため生殖する力を抑えてしまうため。

守護聖の場合は精子が強い力を持ち、卵子を破壊してしまうので妊娠することはなく、女王の場合は仮に受精してもその受精卵を着床させることができないので、妊娠できない。

つまり、女王・守護聖を退位するまでは自分の子を残すことはできない。

 

6)魔導について。

魔導とはアリオスの故郷が独自に生み出した力であるが、神鳥にかつて存在した魔法とほぼ同意義である。

(神鳥では強すぎる力として女王が封印し、256代目女王が一時期解放したことがあるが、それもまた封印された。)

魔導の力は劣性遺伝子として伝えられているため、通常は民間人などから輩出されることはない。

当然、魔導士は魔導士の家系からほぼ出ているのだが、むろん、例外はあり、ルノーがそれである。

レヴィアスもまた例外のひとり。

彼は皇族であるが、強すぎる魔導の力を有している。翡翠の左目がなによりの証拠である。

レヴィアスは転生し、アリオスとして聖獣の宇宙に転生したので、本来なら聖獣の宇宙の民として魔導の力と記憶は消失するはずであった。

しかし、ラ・ガが無理矢理成長させてしまったので、本来ならゆっくり消滅してしまう魔導と記憶を有して誕生してしまった。

けれど、魔導が劣性遺伝子であることは変わりなく、その遺伝子を持っている者は聖獣の宇宙では皆無なので、アリオス一代限りの力である。

違和感

現在、とてもモヤモヤした気持ちです。

というのも、先ほどまでエトワールのアリオスEDの台詞をさらっていたのですが、話の流れに問題はないものの、違和感満載で正直萎えた。

結局、違和感の正体もわからず台詞を書き留めていたんですがね。

 

前にも書いたのですが、告白三段階目というのが、アリコレ好きなら本当にひどい話で。

アリオスがエンジュに「俺がお前を殺そうとしたらどうずる?」に対して「抵抗します!自分も命が惜しいし、アリオスさんにも人殺しになってほしくないから」というのが正解なんです。

エンジュはいいんです。彼女らしくて、一番普通な感情だと思うし。

しかし、アリオスが「愛するがゆえに命を捨てる奴もいれば、愛するがゆえに共に生きたいという想いもある」って、これは通常は前者がコレットであり、後者がエンジュってことになる。

ちなみに、エンジュの選択肢は他に「それが望みなら…」と「そんなの信じない!」というのがあって前者がエリス、後者をコレットになぞらえていたのかな、と思っていたんです。

だが、アリオスがいうには「俺がお前に近づいた目的がお前の命を奪うためだとしたら?」だった。

つまり、エリスならこの条件には適さないので却下。

なので、エリスというファクターを除いての選択となる。

それって変じゃない?

エトワールにおいてアリオスの過去は不明瞭だ。

かつて敵対していた事実を匂わせることがあるものの、明確に神鳥の宇宙の侵略者だったことは伏せられている。

そして、エリスのことにも触れられていない。

天レクノーマルED→トロワノーマル(アリオス出現なしでもOK)→エトワールに続くはずなのに、告白の段階でなぜかコレットを絡める発言となっている。

ここは本当に不親切で、基本的に過去作していなくても日常の会話からなんとなく判断するものが多い中、これは完全に天レクのアリオスEDを物語っている。

そしたら、天レクアリオスED→トロワノーマルED→エトワールなわけで、その間にアリオスとコレットの間が破綻したことを意味している。

言葉尻をつかまえるとそうとしか考えられないんだけど、おそらく作り手は「アリコレとは違うアリエンというCP」を打ち立てようとした結果だとは思う。

アリコレは他キャラにない強い結びつきが特徴的であり、これを越えるとなると、もう「エリスの生まれ変わり」くらいしか手がないと思う。

けれど、エリスに瓜二つ→エリスに似ているから愛しているわけではないことに気づくというアリコレの流れには勝てないと思う。

だから、「なにも知らない無垢な少女との恋愛」という意味になったと思うし。

 

むしろ、「愛するがゆえに命を捨てる奴もいれば、愛するがゆえに共に生きたいという想いもある」というのは、アリオスの気持ちととらえても問題ないかもしれない。

彼のために命を捨てようとしたコレット。愛するがゆえにともに生きたかったアリオス。

トロワの失恋EDで「ともに生きたいと願ったことは何度もある」と言っているから、共にいられないジレンマに悩んでいるようにすら感じてしまう。

だからか、アリオス→コレットだと妙に納得する。

コレットは慈愛の女王として、傷ついた魂をもつアリオスを助けたかった。

アリオスは自死、転生し、やがてその傷もゆっくりだが癒えていく。

けれど、彼が本当に望んだ愛するものとともに生きるという願いは、宇宙の女王という至高の存在の前には無残にも散ってしまい、せめてもの願いで同じ聖地で同じ時を過ごす選択をしたアリオス。

つまりエトワールにて、エンジュに癒されるよりもただひとりを陰から見守る方がずっとアリオスらしいと思ってしまうのです。

つい見てしまうと…

恋する天使アンジェリークですが、我が家にあるPC3台の内どの巻も問題なく見られるのが私のノーパソだけで、リビングにある大きなPCは見ていたら突如DVDドライブが壊れてしまったようで沈黙。

会社からお借りしているノーパソも見られる、見られないと何故か選り好みして。

一番作業に使い、スペックの劣る私のノーパソで見るという始末。

(もう十数年前に購入したDVDデッキも選り好みしてくれる。)

恋アンをベースにして二次創作を書きたい野望はずっとあるのですが、どうもそんな調子もあって、まったく頓挫しております。

 

しかし、最近考え方が変わってきて。

最初は「なぜアリエンテイストを醸し出すの?それに付随してコレットを出すの?なんなの?なぜ、エンジュの相手にアリオスを選ぶの?」とかなり不快感でいっぱいでした。

これは、テレビアニメの感想でもかなり同様のことを書いてあった。

次に、アリオスの視点から物語を見るようになっていたので「アリオスはずっと女王の命令で動いていて、エンジュに1㎜も心が動かないんだ」と安心した。

その動機が『エリスを愛しているから』というものなので、納得しているわけではないのですが、エトワールが舞台ならそれもやむを得ないかと。

そして、最近では「エルンストは元から隠しキャラ的な存在だから仕方ないとしても、オスカーとかランディなんてOVAでも目立つタイプが撃沈している。ランディなんて村人扱い程度だ」と感心して見るようになってきた。

私が長編を書くとしたら、オスカー、ランディについては『他のキャラとバランスをとるために活躍する場を削る(譲る)』ことを考えるキャラクターだ。

剣が得意であるから戦う場面で使えるし、ジュリアス配下として伝令役としてもいける。無論、女性にやさしいキャラなので、慰める場面でも問題ない。

だから、オールマイティに活躍できるので、それを描いてしまうとオスカーやランディばかりが目立って、特技のあまりないキャラがより影が薄いという悪循環になってしまう。

でも、恋アンは違う。

基本的にエンジュからの目線で話が進むので、明らかにエンジュが意識している、していないによってキャラクターの空気感が異なる。

ランディはともかく、オスカーは人気キャラということもあり、他のキャラよりもずっと出番はある。あるのだが、エンジュから異性として意識されていない。

サクリアの精霊と戦うけれど、それをかっこいいと見てくれるエンジュはいない。だからか、なんとなく空気なオスカー。

可哀そうに、エンジュに猛アピールしているゼフェルもその煽りを受けて空気感満載。

通常は出番がある=印象に残るだが、恋アンについてはその法則が適応できない。

ルヴァは台詞の数は守護聖の中で一番かと思うくらい多いのだが、常に石板の翻訳係となっているため、エンジュが好きだという設定にも関わらず”その他大勢”から出ない。なぜ?

アンジェのキャラの中でもセイランなんて人気の高い方だと思うが、完全にエンジュには意識されていない。そして、それを喜んでいる人が多かった(テレビアニメの感想で良くやった!セイラン!的なコメント多数だったと思う)。

 

この空気感真似できない。

アンジェリークは変わらない

一ヶ月以上なにも書かない日が続いたけれど、先日ネタが落ちてきて二日連続で短編二編ほど書き上げたんですが。

締め切りがあるわけでもないので、ネタがないときはまったく書かないスタンスであります。

 

そんな中、昔の自作を読んでいたのですが、これがまたキーワードのように『アンジェリークは変わらない』という文言がいくつもの作品に出てきてビックリしました。

創作のコンセプトというわけではなく、私のアリコレのコンセプトのひとつなんだろうなって。

 

アンジェリークは変わらない』というのは表面的に言えば嘘です。

女王に戴冠後、彼女を取り巻く環境は悉く変わった。

人間環境が変われば良くも悪くも変わるもので「あいつは昔から変わらない」というのが誉め言葉であることからも、本来の彼女は変わっても当然だし、いや普通の少女から立派な女王へと変化したと思う。

けれど、そんな中でアリオスを想う気持ちは『少しも変わらない』のだ。

裏切り、戦い、死に、逃げようとしたアリオスを彼女は変わらずに愛していた。

コレットの人生の中でアリオス以外の男が入る余地がなかったわけではない。

好きになろうと思ったら誰かに惹かれるには十分な環境であっただろう。

しかし、彼女は誰も好きにならなかった。いや、なれなかった。

 

だから、『アンジェリークは変わらない』。

これを言えるのはただ、アリオスだけ。

 

もうひとりのアリオス

やっと序盤から抜け出せそうなネオアンですが、子供が一日一時間だけのプレイ時間を守るが如くでなかなか進みません。

このゲームの区切りがわからなくて、ゲームをしたい気持ちがあまりない最近ではPSPを立ち上げてちょこっとやってお終いにしている感じです。

決して嫌いだとか苦手だとかそういうものではないけれど、今はなんだかかったるい気分なだけで、いつでもできると思うと先延ばしぎみになっています。

 

で、レインをメインに攻めているのですが、レインの口調などが『親に愛されたアリオス』を思わせてならない。

まだ終わっていないのではっきりとはわからないけれど、レインは親兄弟に恵まれた立場でなくてもレヴィアスのように疎まれていた(腫れ物に触るような)育て方をされたわけではない。

ので、通常の愛情を与えたアリオスのように思う。

アンジェとのやりとりも同世代ということもあって一番自然だし、わかりやすい恋だ。

レヴィアスが屈折した性格をしていなければ、エリスの「世界を回しても私はあなたの味方」というような重たい愛情を与える少女でなくても、こんな風に誰もが一度は経験する甘酸っぱい恋愛をしていたんじゃないかな、と思わせる。

 

そこで、アリコレ脳である私には「レインはアリオスとコレットが愛情を与えた結果=息子」な法則が生まれてしまった(笑)。

レインは間違いなくアリオスの気質が受け継がれているわけだから、遺伝的にもしっくりくるし。

服のセンスなんかも似ているし、なにより顔が似てるんだよね!

 

だから、魔恋が「他の女に手を出していないか浮気調査」だったのに、ネオアンをプレイしていると「アリオスとコレットの子供の恋愛事情」を覗き見している気分になってます。

「あんなに小さかったレイン君も、今は彼女がいるんだって!」と井戸端会議している近所のおばちゃん(笑)。

 

ひとつ不満があるなら、レインの設定が詰め込み過ぎなこと。

なにかの天才というのはいいけれど、オーブハンターとしての才覚があるだけでいいんじゃないの?

研究によって得られたものだとしても、自分が博士でなくてもいいはずだし。

ただ、他のキャラが人生において深刻な悩みを持っている設定だから、そうするとレインだけが浮いてしまうから色々付属をつけたんだろうとは思うけれど、今のところ余分にしか思えない。

ネオアンはじめました

魔導の護り石のくだりがアリコレを彷彿させると聞き、ずっと手を出さなかったネオアンをプレイ中。

まだまだ序盤なんですが、アンジェリークの世界観を引き継ぐという意味では、まさにアンジェリークの続編という感じ。

アルカディアのことを「遠い場所からきた女王が創った」というのが示されていて、理想郷の名付け親はリモージュだけど、育てたのはコレットなのでどちらでも読めるようにしてあるのはさすがです。

けれど、攻略対象が違うし、やはり独特の感覚もあるから、いい意味でアンジェとはシリーズが別物だとも思う。

 

そんなアンジェとネオアンの大きな違いは、ヒロインの置かれている立場だと思った。

まず、アンジェリークは大前提として「女王候補時代に守護聖に選ばれる立場だった」というのがあり、基本的に攻略対象(男)>ヒロインの関係。

同じ立場のネオアンは平等に思えど、希少価値という点で攻略対象(男)<ヒロインになるため、女性上位の関係。

どちらも女王がトップであるから女性上位の世界であることは間違いないのだけど、アンジェリークはたとえヒロインが女王であったとしても、コレットは目下の存在だった。だから、彼女はヒロインであったときはアリオスを除きみな敬語を使っている。

 

昔読んだレヴューで「ネオアンはヒロインをちやほやする」とあったが、アンジェリークをプレイしたことあるなら、それは確かに感じる。

ただ、アンジェと違って男性陣がみな守護聖のような立場でないのだから、ヒロインに対して(年齢はともかく)目下に見るのも変なので、これは仕方ないのかもしれない。

最初、ライバルがいないからこんな感じになったのかな?と思ったけれど、エトワのエンジュも目下扱いであったから、ライバル云々ではなくて、やはり「女王の卵」として大事にされるという価値観の相違からきたものだと思った。

 

あまり個性がないと言われるアンジェリークのヒロインで、ネオアンのヒロインは「美少女(とは名言されていないがそのような雰囲気がある)で優等生」な感じは他のヒロインとの差別化が出来ていいと思う。

リモージュコレットは散々「平凡な少女」であったから、エンジュが「元気な田舎娘」となったと思うし、それに対して「優等生美少女、だけど孤児」というのはよい感じ。

ネオロマシリーズに限らず乙女ゲーにはヒロインのファンというのが少なからずいるが、ネオアンのアンジェが人気あるのは理解できる。

 

魔導の護り石は二週目以降でないと登場しないので、まだまだ先が長いのですが、少し前にしたのがテキストゲーの魔恋だったもので、読み飛ばしで先送りするということができないから、地道にやってみたいと思います。

何気に幸福度を上げるのが楽しい。

コレットが育てた宇宙だと思うと愛おしくて(笑)。