アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

見えて透ける考え

好きなひとには申し訳ないのだけれど、ウルトラマンネオスを見て、もう感動するほどアホらしくなってしまった。

特撮に予算をかけてないとか、俳優陣の知名度がいまいちとか、そういう問題ではない。

もちろん、特撮がショボいのも、俳優陣が今一歩なところも確かにあるけれど、それよりも「ウルトラマンならこんなもんだろう」というなめてかかる態度のわかる脚本で、とうとう5話で脱落した。

むしろ5話まで頑張ってみたよ(笑)。

 

ウルトラマンの兄弟ではなく先輩後輩として、マンとセブンのリファイン的な物語として描きたいのだろうけれど、「ウルトラマンならこの手の話」と決めつけた態度がありありとわかる上に、制作サイドがなにが書きたいのかまったくわからなかった。

宇宙人との邂逅や侵略をどのように描きたいのか。どのように考えているのか。

書き手の気持ちが感動的なほど伝わらない作品だった。

一見してわかったのが、一般人の考えるウルトラマンを予算内で仕上げている。ただそれだけ。

 

地味だったり玄人向けだったりして一派ウケしない作品はある。

しかしながら、そこには「ここはダメだけどここは素晴らしい」というなにかがある。

ただネオスに関しては、そういうものを私は一切感じなかった。

やっつけ仕事でやってます、としかいえない。

 

賛否両論であるネクサスだけど、受け継がれる絆というテーマは個人的には割と好きで、作中にしっかりと描かれている。

確かに特撮はショボいし、CGもイマイチだと思うけれど、きちんと書きたいことを描ききっている。

それが合うか合わないかは好みの問題だけど、気持ちを伝えることができない作品はどうあってもフォローできない。

 

恋する天使アンジェリークもだけど、久し振りに誰がなんのために作ったかわからない作品に出逢ったので、思わずブログに書いてしまった。

最強の難しさ

ルトゥールでサラとパスハがリストラされたこともあって、当初からルトゥール2の制作があやぶまれていた。

でも、今にして思えば、ブライアンが登場したことでルトゥール2の制作は検討されてなかったのかと思いはじめた。

 

ヒロインの交代があろうと男は絶対に出すという強い信念のもと、アンジェリークは続けられた。

さすがに昨今の攻略対象は一ヒロインが前提となってから、魔恋についてレヴィアスは攻略対象ではなかったけれど、あれがもしエトワ後に発売されていたらテレサでの攻略は可能だったと思われる。

さて、ブライアン。

あまりにも限定的なキャラクターすぎて次回作には非常に使いづらい。

それでも、ルトゥールには新キャラとして出してきた。

ということは、次回作の構想がなかったのではないか、と考えたわけです。

 

ルトゥール未プレイなのですが、設定から考えてブライアンはつくづく異色だと思う。

リモージュ限定のアリオス」という言葉がぴったりではあるんだけど、ブライアン√ってそれほど限定されていないような気がする。

恋愛に関しては限定であるのは間違いない。

けれど、肝心のブライアンの設定がそこで閉じていない。

つまり、ブライア自身が神鳥守護聖とつながっている関係で、神鳥ーブライアン×リモージュー神鳥みたいに、お互いのバックに神鳥守護聖が控えている。

ただリモージュの視点からだとブライアンの背景に神鳥守護聖が控えているように見えないだけで、実は世界はつがなっている。

恋愛はふたりのための√なのに、世界観は共通。

だから、閉じていない。

この辺はエトワの恋愛はアリエン仕様、設定はアリコレ仕様のアリオスに通じるものがある。

 

また、ブライアンがただの次元の狭間に堕ちた一般人なら、初代とSP2の時間の間隔はあまり開いていないのでひょっこりと演出もできるけれど、神鳥守護聖にガッツリ絡んでいるため、それも不可能。

しかも、255代女王時代の最重要人物設定。

この最強設定も非常に使いづらいところ。

「認められない天才」として落としているものの、設定的には最強だよね、ブライアン。

アリオスも最強設定の持ち主だけど、彼は元々ラスボスというオチがあったので最強であっても設定に矛盾はない。

仮に仲間時代は弱くても最終的に敵として登場する際には最強を誇る皇帝なんだから、設定的に最強でないと逆に矛盾する。

神鳥守護聖は相互の短所と長所のバランスから成り立っている、いわば陰陽五行説のような円を描く関係性で、生態系のようなピラミッド型じゃない。

オリヴィエやカティスのようなどのキャラクターにも有効な「万能」キャラはあっても「最強」キャラは入れにくい設定になっている。

元々最強キャラというのは相互のバランスが難しい上に、ブライアンは後付け設定だから余計に矛盾が生じる。

キャラクターの性格に矛盾はなくても、破綻するほど世界観に支障をきたさなくても、異質なものだと思ってしまう。

 

だから、私にとってのブライアが、単に目新しくするために入れられた新キャラで、守護聖のハイスペックに負けないように最強設定つけられた使い捨てキャラに思えてしまう。

神鳥守護聖の人間関係が緻密で、大事に育てられたのとは真逆の存在と感じずにはいられないのです。

タイトルに悩む

二次創作している文字書きさんでも、タイトル付け苦手な方は結構いらっしゃって、私も例に漏れず苦手。

会心の一撃的なものは一二度程度しかない。

 

まだウルトラマン熱は冷めなくて、ちょっとづづでもマン~レオを見ていて思うのが、セブンは内容もタイトルも一級品だな、と。

タロウ推しの私でも思う。

逆にタロウは「あっ!タロウが食べられる!」とか、いくら小学校低学年向けだからといえ、この辺は舐めているとしか思えない。

タロウ本編では兄弟ものが一番好きだんだけど(ちょっと脚本は微妙なんだけど、やっぱり全員揃うのが楽しい)、タロウだけの脚本でベストなのが『血を吸う花は少女の精』で、これは内容もタイトルも最高。

セブンは「蒸発都市」「第四惑星の悪夢」「ノンマルトの使者」「「狙われた街」「姿なき挑戦者」「史上最大の侵略」など、多少既視感あるタイトルもあるが、なかなか良いフレーズ。

見たい、知りたいと思わせるワンフレーズだと思う。

 

こういうタイトル付けたいけれど、私の中の引き出しが少なすぎて、なかなか難しい。

テーマ

ウルトラマンネクサスが一番気になる特撮パートの出来がイマイチなのに嫌いになれないのは「光の継承」というテーマが自分に合っているからなんだな、と思った。

そう思い至るまでに結構不思議だったのだけど、考えてみたら納得。

おそらくはファイブスター物語の「血の継承」というテーマが私の根底に根付いているからなんだろうと思う。

 

ネクサスの光の継承も、デュナミストが身体をボロボロにして戦い、このまま朽ちてもいいとさえ思っていたとき、ふとしたきっかけで生きる希望を見出すと、ネクサスはそのひとを離れていくのもよかった。

また、セットにかかるコストをさげるため「メタフィールド」という設定を拵え、低予算を維持した。

ウルトラマンのセットは緻密で壊すことを前提としているから使いまわしができず、実にコスパの悪いものだった。

確かに特撮としてはどうかと思うようなセットだが、世界観としては実によくできている。

どの作品も様々な制約があって作られているのだけれど、あからさまに見えてしまうと受け手はしらけてしまうしまうが、こういうこの低予算を逆手に取った設定は素晴らしいと思う。

制約があるのはわかるが、売るための玩具が画面にドーン!と出ているよりずっといい。

 

ウルトラマンが泣いている」(円谷英明著)を読了。

さすがに円谷一族なだけあって細かく時系列で語られているな、というのが第一印象。

その次に感じたのは、子供向け作品で大人にも受けているものを高尚な作品として、あくまで子供向けな作品を二流と判じているということ。

ウルトラマンでもあくまでマン、セブンが至高で、あとは時流におもねることで二流化したと考えているように思う。

ウルトラマン一期は確かに脚本も大人向けが多かったと思うけれど、それを続けていてはなしてウルトラマンは永遠のナンバーワン(オンリーワン)だったかはわからない。

シリーズが続くにつれ絶対的にテコ入れは必要となるのだから、いいものを作れば絶対売れるみたいな根性論はどうなのかな、というのが私の感想です。

 

特に長く続くシリーズにはその作品毎のテーマは必要だと思う。

標榜するだけでなく、しっかり作品の根底に描かれるテーマ。

見ていて「なにをいいたいのかわからない」というものは意外と多い。

普遍的なテーマになればなるほどどこかで見た既視感、なんとなくわかったような終わり方、そんな流れになってしまう。

好き嫌いは個人差があるから、好きなシリーズ、嫌いなシリーズがあってもいいし、嫌いなものが続いたら(残念ではあるが)そこから卒業すればいいのだから。

自分には合わなかった、好みの問題なのだから、仕方ないことだろうし。

ただし、嫌いだからといってを罵るのは別。それはマナー違反。

また、全作品を本当に好きというひとは別だけど、「一般的に低評価なこの作品まで好きな俺は勝ち組」みたいな善意の押し付け的なものもどうかと思う。

繰り返しになるけれど、あくまで個人差、好みの問題なのだから。

 

万人受けするような作品でも、個人的には好みでないものもある。

ただ、やはり人気作というのは見ていると理由がはっきりわかる。

世界観がよく描けているとか、キャラクターが生きているとか、伏線をよく回収しているとか。

これはさすがだな、って感心する。

だから人気があるんだってマネするのではなく、それでも自分たちが描きたいテーマを決め、しっかり表現してほしいと思っている。

 

ところで、私がウルトラマンに求めているのが①特撮、特にミニチュアセットの緻密さ②キャラクターの造形③作品テーマであってドラマパートはそのずっと後になる。

だから、タロウが今でも一番なんだろうって思う。

特撮については新マンもエースもよくできてるし、合成については80もいいと聞く。

でも、キャラの造形で一番のタイプなのがタロウなの。

顔だけ見ると確かにセブンと似ているんだけど、アイスラッガーを外せるセブンとウルトラホーンを持つタロウは私の中で別物なんだよね、不思議と。

80も特撮いいよ、って聞くんだけどどうもお顔が好みでないので、食指が動かない。

好みの問題なんだな、とつくづく思う。

咀嚼力

名作と名高い、帰ってきたウルトラマンの「怪獣使いと少年」を視聴。

内容を知っていたのに、見終わった後の重苦しさは想像以上でした。

差別がテーマですが、それ自体が重いというよりも、見える差別がまかり通っていた時代のいじめの描写がリアルで、私にはこれが重かった。

また、少年役の子が演技が上手で、重苦しさに拍車をかけていて。

いつの時代でも孤児は生きにくいもので、ここではないどこかに行くために宇宙船を探していた少年は、結局最後まで宇宙船を探すところで終わる。

ウルトラマンが介在しても、少年の人生にとってなんの救いにもならない。

そういう結末がまたリアルで、見ている人の心を絞めつける。

とはいえ、脚本も演出も素晴らしいものでした。

シビアな作品だけに、私の場合は精神的に安定しているときでないと見られないのですが、いつかまた再度見たいとは思っています。

 

以前、ウルトラマンネクサスの内容はウルトラマンとして描かなくても、と書いたのですが、この「怪獣使いと少年」はウルトラマンに入れてこその内容だと思います。

ウルトラマンが登場しても少なくとも少年の境遇は変わらない。

差別などの社会問題をテーマにした社会派のドラマや映画はあるけれど、差別とか孤児の生きにくさとか、少年の寂しさを埋めてくれた宇宙人とかをうまく咀嚼してウルトラマンの世界に生かしている。

これは本当に素晴らしい。

ウルトラマンだからというよりも、このことをウルトラマンの世界観にするなら、というようなシナリオでした。

 

そういえば、ネクサスのウルトラマンXの客演回を見たのですが。

10勇士見た後で期待もまったくしなくて見たら、これまたよくネクサスの世界を咀嚼してXの世界に入れたと感心しました。

危機に陥ったときに諦めずにいると光が訪れる――ネクサスが現れるという登場はまさにネクサス!!という感じで。

これは完全なる人間態を持たないネクサスならではという感じもします。

副隊長がネクサスに変身しているのですが、副隊長の夫役が過去孤門を演じられていた役者さんで、ネクサスとアイコンタクトを交わす姿は「夫婦だから」とも「この世界で溺れることもなく、恋人を喪うこともなく生きてきたもうひとりの孤門にネクサスは反応した」ともとれる。

もちろん、命の危機を救ってくれたネクサスを見上げただけ、ともとれるし。

いいな、こういう自由な解釈のできる演出は。

 

平成客演に対して昭和客演はひどいという話を聞きますが、あれはああいう時代だったとしかいえません。

漫画でもアニメでも、前章のキャラクターが再登場する場合があって、よくて「俺たちがここを抑えているから、お前たちは早く行け!」というようなお助けキャラだったり、強さがインフレするための引き立て役、噛ませ犬的なものも少なくない。

それでも、好きなキャラクターの再登場はうれしいもので(長く続いたものしかできない演出でもあるから)、子供たちはそれでも喜んだと思う。

今見たらウルトラマンAで5兄弟が磔にされる回はもう少し力を合わせて、とか思うけれど、みんながいるだけでやっぱりうれしいと思ってしまう。

価値観の相違

鬱展開と名高きネクサスを飛ばして完走。

テンポが悪いというのがあって、話の筋だけ追いたい私には耐えられず、後半はかなりすっ飛ばし。

鬱だ鬱だと聞いていたので、かえって「あまり鬱展開じゃない」とすら思ってしまった(笑)。

デュナミストがビーストから身を挺して人々を守り、ネクサス自身が消耗していく様は感動的で。

しかも、死んでもいいとすら思っていたデュナミストが、生きる希望を見出したとき、ネクサスが次のデュナミストに移行するのもいい。

設定もまた一番理屈があっているようにも思う。

 

ただ、疑問があるとしたら、この話は別にウルトラマンでなくてもよかったのでは?ということだった。

 

価値観の違うメンバーが衝突しながらも徐々に打ち解けていく。

これはウルトラマンに限らず割とよくあるテーマで、ネクサスはその掘り下げが両親の死のトラウマや死の恐怖などの暗部を対象としているから暗いけれど、テーマ自体は普遍的なものだと思う。

だから、なにかに似ているというような既視感はないけれど、ウルトラマンとしては異色作だがどこかしらにはあるような話と感じてしまった。

個人的には「10勇士」を見た後だったので、なんでも出せばいいみたいなノリよりも話がまっていた方が絶対的におもしろいとは思ったけれど。

 

価値観の相違といえば、ネットで某ウルトラマンについて「平成のウルトラマンはそんなにしゃべらない。話す部分だけ見てるからそう思うだけ。タロウやレオの方がよっぽどしゃべっている」みたいなことが書いてあった。

前後の話がわからないから私の想像に他ならないが、多分「しゃべるのがうるさい」というのはそういうことじゃないんだと思う。

確かにタロウ、レオあたりは掛け声も演じられていた俳優が担当しているから、変身後も割とよくしゃべる。

ウルトラキーのときなんて、レオの「俺はアルトラを守る!」に対しウルトラ兄弟は「俺たちはアストラを殺す!」だったもんね(笑)。

でも、ウルトラマンたちが話しているのはそううるさく思わない。必要な会話だと思うから。

私がうるさく思うのは変身後、中の人が更にバージョンを変えるときの掛け声。

これは玩具を売るための戦略で挿入されてものだから仕方のないことなのだが、タイプチェンジをしない昭和特撮を見慣れていると、ものすごい違和感がある。

違和感だけでなく、肝心の特撮部分が途切れてしまって、特撮→掛け声→特撮というぶった切り。

90年代ロボットアニメも中から必殺技を叫んでいたが、これはアニメだから場面の切り替えになっても特撮→中の人アップの切り替えとは、また違う。

もちろん、特撮パートから切り替わるところはある。例えば、戦闘機で攻撃→パイロットのアップとか。

でも、する必要のない声かけのために、せっかく連続した場面をぶった切る必要はないのではないか。

タイプチェンジするとき、尺の関係で掛け声カットの場合があり、その方がよほど自然に思う。

前も書いたけれど、本人なのに人間体で掛け声を出すのは、ウルトラマンというロボットに搭乗しているような感じになってしまって、戦っている一体感を感じない。

ただ、この辺はタイプチェンジすることに見慣れた視聴者にはむしろそのまま戦っている方が山場を感じないから退屈なのかもしれないけれど。

 

余談。

10勇士、ビックリするほど面白くなかった。

ネクサスがどのように関わるのか気になってみたけれど、はっきりいってネクサスだけでなくほとんどが「ウルトラマン」という名前で繋がっていただけだった。

特撮パートだけでなく、どの場面も不思議なくらい面白味がなくて驚いた。

伏線とかどんでん返しとか期待していたわけではないが、平凡で盛り上がりに欠ける話だと思う。

自分と相性の悪い映画もあるけれど、それはあくまでも好みの問題で、10勇士の場合は安易に人気キャラ出せば許されると感じてしまったのが敗因だと思われる。

あと、メビウスの声にもちょっと驚き。

中の人が引退してしまったから声優の変更は仕方ないと思うし、そこにこだわりはないけれど、掛け声が以前のままで新しい声とまったく声質が違うから違和感が。

新しい声優はプロなだけあってうまいし、それだけなら特別なにも感じないけれど、掛け声との違いに最初は「敵役が話している???」と勘違いしたほど。

急遽声優の変更ならいざ知らず、選考する余地があったのなら、掛け声とのバランスは考えてほしかったな。

余韻を残して

たまたまネットサーフィンしていたら某作品の一話のレビューを目にして、私はその話を詳しくは知らなかったけれど、その人がどれほどこの作品が好きか、ということはよく理解できた。

普通ならつながらないような点と点をつないで(普通ならAパートとBパートのテイストが違いすぎるとしか言えないようなものだった)、結果私は〇〇が好きと結論づけていて、狂気すら感じる文章に大変好感を持ったのでした。

 

好きな作品はなんでもレビューを見るのが好きで、その人の考えに深く共感を覚えることもあるし、私は違うなと思うことはあれど、総じて好きなものを好きだと語る熱意には頭が下がる思いがする。

 

ただ、話の中においてすべての因果関係をはっきりさせようとする考えは、個人的には少し違うかな?とは思う。

個人がすべてを請け負っている漫画や小説ならともかく、分担制で制作するアニメ、ゲームなどは特にそう思う。

むろん、すべての伏線を回収できるならそれに越したことではないけれど、小さなことに拘り過ぎて大まかな流れを止めてしまうのは本末転倒だと思うし。

「あれはなんだったのかな?」と思うことがあっても、最終的に「納得した!面白かった!」くらいでいいのかな、と。

それと、読み替えができるように話の余韻を残してほしい。

ここは〇〇と読めるとも、△△としても読める。どちらも話が破綻しない、そんな余韻がほしい。

たとえば、聖闘士星矢で双子座のサガが善から悪に転じた理由が漫画において「(所謂)二重人格」で語られていても、描写では「某かが憑依している」ように見える。

または、理想を追い求めるだけでは地上は他の神に支配されてしまうとサガが危惧する場面もあるので、善であることに限界を感じて悪の力を得たようにも思える。

どれでも読めるし、破綻もしない。

ガチガチに因果関係を決めなくても、それくらいの曖昧さでいいと思う。

こういう妄想する余地はすごく大事だとも思っている。

 

他にもウルトラマンタロウの「血を吸う花は少女の精」ではどうして怪獣が出るのか因果関係ははっきりしないけれど、この回のゲストキャラである少女が捨て子だということ、里子になっても(金銭的に恵まれたとはいえ)家族の愛を得られなかったことなどの想いが怪獣を呼び出したように思える。

結末もすっきりしない。

結局、少女はまた施設に戻ることが言及されているが、孤児としての未来が開けるわけでもなく後味悪いものなのだが、私はすべてが勧善懲悪に終わるような話より好きだ。

なにより天涯孤独の光太郎はともかく、父にも母にも愛され、兄弟たちからもかわいがられてきたタロウが「少女は母を憎んでいた。そうさせた社会を憎んでいた」と締めくくるラストは細かいことを忘れてグッとくる。

 

それと、公式では二次創作でありがちなネタを入れるのはやめてほしいかな。

特に闇落ちとか。

闇落ちがストーリー上必要不可欠な要素であるなら仕方ないけれど、余程練り込んだシナリオでないととってつけたような、何番煎じの話になってしまう。

安易なお涙頂戴になると受け手としてはシラケるより他ない。

もしここで〇〇じゃなかったら、△△だったりしたら、というIFを重ねることで二次創作は闇落ちをえがく。

本来ではありえないもうひとつの未来であり、これをダメ押しのように公式でされてしまうと、妄想すらできなくなってしまう。

優れた文学というのは後世において二次創作させるものだ、と私は思うのだけど、元からこれでもか!これでもか!といいたいことをすべて出しつくしてしまうと読み手もそれ以上膨らむものがない。

書きたいことは7~8割程度に抑えて、残りを受け手に譲る。受け手がどのように取るかは自由。そんなスタンスであってほしい。

 

余談だけれど、ウルトラマンタロウにおいては光太郎とタロウの融合がこの作品の一番の謎。

昭和ウルトラマンは設定がザルで、人間関係の緻密さは平成ものに劣ると思う。

どのキャラまたは怪獣が強いかには興味のない私にはあまり考察する点がないのだけれど、光太郎とタロウの関係性には興味をひかれる。

正解はない。

本編を見ると光太郎の死=ウルトラマンタロウの誕生ととれるし、ウルトラの母をして光太郎とタロウは似ていると言及しているのだからソウルメイト(もしくは地球上でのタロウの半身は光太郎)というようなことかもしれない。

むろん、以前のように「勇敢な若者を死なせるには惜しい。ウルトラの力を同化させて死なないように手配」かもしれない。←ただこの場合は最終話で光太郎とタロウが分離するんだけど、マンとは違い特に命の用意もなしにできるからどうなのかな???

ここの因果関係をはっきりと示さなくても話は破綻しないし、キャラクターの行動原理もおかしくないから、どうとでも取れるような描写が好ましいのかもしれない。