読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

公式にはできまい

妄想する余地があるからSP1やSP2がいい、というのを読んで、確かにそうだなぁと思いました。

女王候補時代ならある程度自分でなんでもできるもんね。

 

でも、公式の設定捻じ曲げてもやれるのが、二次創作。

これはこれでいいもんだ(笑)。

 

例えば、天レクEDでアリオスが生きている。

あれってアリオスが死んだからいいんじゃないの、って話なんだけど、それはトロワ以降彼が生きているというのがわかったからで、天レク時にはやっぱりコレットと一緒に幸せにしたい!という人は少なからずいた。

転生したところで、ふたりが必ず出会う保証はないからね。

 

あと、新宇宙最初の生命がアリオスとコレットとの子供。

つまりは、コレットは妊娠してたという。アリオス、手が早いじゃん、みたいな(笑)。

相手が死んで子供だけ育てるっていうのは、現実的には厳しいものの、愛された記憶が彼女を支えるというのが救いなんだよね。

これはこれで好きです。

 

アリオスが守護聖だったり、護衛だったり、ヒモだったり(笑)、その人なりに色んな幸せの形を作っていたと思う。

そこに、ふたりへの愛があふれていて、公式通りじゃないからダメということはなかった。

やっぱりふたりで幸せにならなくちゃ!という気持ちはよくわかるから。

 

私自身、コレット退位後のアリオスとの生活は、ほとんど妄想だし(笑)。

(もっと言えば、エトワール以降のアリコレは妄想三昧。)

家族の愛情をアリオスにあげたかったのと、ふたりにはごく普通の幸せの中で過ごしてほしかった。

その前が過激すぎて。

愛情は穏やかな時間の中で育つものだと思っているから。

アリオスとコレットと子供たちを書いていると、私も精神的に安定するんですよね。

ある意味、精神安定剤的な創作となっております。