読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

第二皇位継承権の謎

レヴィアス(アリオス)がクーデターを起こしたきっかけは、エリスの自殺なわけですが、個人的にはあくまできっかけに過ぎないと思っている。

十年も時間が経過しているし、彼のカリスマ性があってこその反乱なのだが、反乱する素地があったのも事実で、エリスのことがなくても、彼はいずれは担ぎ上げられる運命だったように思う。

 

そこで、ルビパが絶対に考えていなかったであろう、レヴィアスの第二皇位継承権について妄想してみた。

なぜ彼は第二皇位継承者だったのか。

傍流にいた彼ら一族の中で、彼だけの待遇(皇位)は変化しなかったのか。

これって結構な謎。

(もしかしたら、小説の方には書いてあるのかもしれないけれど、私は未読なので。)

 

レヴィアスの父親は弟に帝位を奪われ失脚。

けれど、その息子のレヴィアスの皇位は奪われていない。

廃嫡してもよいのに、なぜ彼は生き残れたか。

政変の場合は殺されてもおかしくないので、本来ならレヴィアス親子共々あの世行きでもよかったのに、彼らは生き残り、更にレヴィアスの待遇はそのままだ。

そもそも、レヴィアスの宇宙は皇帝が絶対的な権力を握っているのだが、争いが多く、絶えず戦争があったことは公式にある。

ということは、宮廷内ではある程度絶対権力だったのかもしれないが、既に綻びが出ているのではないか?

絶対権力の場合、いい意味でも悪い意味でも世の中が安定しているので、あまり騒動はない。

と、なると、レヴィアスの父親を殺すと貴族たちの指示が得られない=皇帝の権力の基盤が緩いという下地があったのではないか。

レヴィアスの叔父勢力とレヴィアスの父親勢力の権力闘争の末、叔父が勝利し、皇帝になったのであって、親父はボンクラかもしれないが、その勢力(おそらく長男指示ということは保守派か)は侮りがたいものだった。

そのため、レヴィアスの皇位は保たれたということ。

 

また、それとは違う場合もある。

恐らくは完全男系であったであろう皇位継承者。

レヴィアスと同世代の男子が、皇位第一皇子(皇帝の息子、即ち皇太子か?)しかいなかった場合だ。

レヴィアスを廃嫡してしまうと、唯ひとりの男子となり、権力闘争激しい宮中にて、さすがにそれは選択できなかったのではないか。

このとき、レヴィアスは18歳。

第一皇子なら年は前後するから子供が生まれたとしても、ひとりいるかいないかだ。

生まれた子が男の子ならともかく、女の子の場合もあるし、そもそもまだ15歳くらいの可能性もあるから、世継ぎ問題はもっと先の話ってことになる。

だからレヴィアスの皇位は保たれたのかもしれない。

 

もう少しレヴィアスの宇宙について知りたいんだけど、どうも魔恋もそこまで踏み込んではいないようなんだよね。

ホント、謎。