読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

アリオスの本音

天レクでのアリオスは、結構余計なことを言ってるんだが、その言葉がかえって彼の本心なんだなぁと思うと、かなり胸が熱くなる。

 

たとえば、「お前は甘い」。

何度もコレット(守護聖たちを含めて)に言うんだよね。

自分のことも信じるな、とか。

でも、それは彼にとって必要のない言葉で、甘い方がずっと都合よかったはず。

けれど、事あるごとにそう忠告する。

これは間違いなく”アリオス”としての言葉。

 

それに、「お前の横に、俺はいつだって…」。

これは、無人島イベントなんだけど、熱を出したコレットが「アリオスどこにいるの?そばにいて?」という台詞に対して、「…ここにいる」に続く台詞。

本来なら「ここにいる」だけでいいわけでしょう。

それなのに、その後に続く言葉が切なく、苦しい。

この無人島イベントは他に例がない”実は裏がある出来事”なんだよね。

他キャラの恋愛段階のイベントに相当するんだけど、最初に見たまだ恋人未満の二人のシーンではなく、その後に発覚するアリオスの裏の顔。

コレットが思っているほど親切ではない彼の、本当の顔なのだが。

実際、彼はこのとき、コレットの血を入手して、これでエリスそっくりな魔導生物ができる!と心底喜んでいる。

にも関わらず、お前の横に、俺はいつだって…だよ。

このときは無意識にも、もう心はコレットの方へ行きかけていたんだよね。

そんなことを感じる。

 

トロワになると、不意に「そんなお前が好きなんだからさ」とかさりげなく本音が出て、バカップルと言われているけど(笑)。

嘘で固めた彼の言葉の綻びは、いつも唐突に、ほろりと漏れる。

それはいつも、苦しくも、正直な想いだと思ってる。