読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

号泣する準備はできていた

泣きたい気分のときがある。

私の場合は落ち込んでいるときよりも、心が暇なときが多い。

鉄板の泣ける創作を読む前にティッシュを用意(笑)。

涙腺ゆるいタイプなので必須です。

 

好きなのでアリコレを読むことが多いのですが、コレットならなんでもって感じです。

ここでポイントなのが、コレット(ヒロイン)が自分に合っているか、だ。

合っている=似ている、ではない。

ヒロインの言動が自分の許容範囲にあるか、どうか。

ここでズレが生じると、どうしても読んでいるのがつらくなる。

昔、友達が「乙女ゲーはヒロインが自分に合わないと苦痛」と言っていたのを思い出す。

確かに、納得できない選択肢ばかりなら無理だよね。

 

泣くというのは、死別を含めた別離だけじゃないんだな、と改めて実感。

アリオスに限って言えば、死別前提になるんだけど、それがなくても丁寧な書き方になれば泣ける泣ける。

自分の想いが伝わらない。相手の気持ちがわからない。

大切な想い出にふけるだけで、その描写が丁寧なほどに泣ける。

悲恋じゃなくても人間泣けるもんだな、と実感します。

 

明らかなるハッピーエンドでなくても、幸福を予感させるような一抹の希望があれば、そこに幸せな未来を描くことができる。

そんな力量がないから、自分で補えない分、他者様からいただきます。

もう何度も繰り返しても、泣けるってすごい。

ひとりPCの前にいられるときに、こっそり泣いています(笑)。