読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリコレ館

アンジェリークのアリオス×コレットばかりかと

ラブラブ天使様~恋するエトランゼ~

とうとうアリオスと名の付くドラマCDは全部購入しました。

これはずっと悩んでいて、どうしても萌の供給が欲しくて、手を出してしまいました。

 

感想を一言でいえば、まだ買う予定のCDがあるなら、おすすめしない。

シナリオがイマイチなのもあるのだが、一番大切なのはアンジェリークのキャラクターが現代には絶対的に似合わない、ということ。フリートークで賢雄さんも照れるとか言ってたもんね。

セレブといえば大貴族のジュリアス(CDには出てません)とか、エリートのエルンストなんてまだいいのだけど、クラヴィスは母子家庭のジブシーだからこそいいわけだし、ユーイも身内は祖父だけで、それだけにおじいちゃん子ってとこがいいのにさぁ。

アリオスもニートとかヒモとか言われているけれど、この人は元皇族とか、敵対していた過去ががあってこそ、なんだよね。

セレブとか、そういう恵まれた才能とか、そういうのじゃないんだ。

 

私がよく言っているヒロインの名前を言わないから、マルセルがやたらヨイショしてくれる。その理由がよくわからなくて、うーんって感じ。

しかし、彼がキャスティングされた理由はわかった気がするよ。

これは名前がないので仕方ないのですが、希望の天使って繰り返すのは笑う。

聖天使とかエトワールとか、それと同じ。

仲がいい設定なのに、変だ。

 

あと、このCDはやたらとヒロインを日本人と主張して、キャラクターの出身国との文化の違いを強調するんだけど、文化比較論とか学んでいるような設定ならまだしも、この違いがただの雑学程度の、しかもそこから会話が発展するようなこともなく…。

 

それと、アリオスのところで感じたのは、アリオスっぽくなかった。

ライブの後にヒロインが楽屋を訪れるんだけど、そこでアリオスがキャンディをくれる。

そのときの台詞が「こんなので喜ぶなんてお前ってホント…かわいい奴だな」!!

ち、違うだろう!!

そこは「馬鹿だな」「安上がりの女だな」とか「ばーか」だ!!

その”馬鹿”は彼の照れ隠しも含まれて、かわいい奴って意味なんだよ!!

これなら、オジサマ専科の成田さんの方が余程アリオスっぽいので、妄想ができる人はそちらの方がおすすめ。

あと、アリオスとのデートは茶室なんだけど、この茶をたてる効果音が『卵を菜箸でかき混ぜるような音』なんだ。

こんなに水っぽい音はしないように思うのだが。

 

と、かなり辛口に書きましたが、ヒロイン=自分を想定したいなら、いいかも。

やたら日本人を強調するのはそのためなんだろう。

そこで、私ははっきりと夢思考でないのがわかった。

アンジェリークはもとからカップリングで好きというのもあったんだけど、他ジャンルではドリー夢小説とか読んでいたこともあるんだよ。

でも、考えたら、私はそのヒロインとキャラクターとの恋愛を見ていたんだよね。

どうしても自分との恋愛とは思えないの。

 

総合すると、私には交響曲アンジェリークのダイヤローグ(3分)×2回以上のものはない。

アリコレ好きなら、まずそこからで、これは最後に買うのがいいと思う。